お知らせ

2022年7月1日
新開発「無線式船通信システム」の販売開始について   詳細はこちら
2022年4月1日
海中対応型ロードセル「SUBSEA LOAD CELLS」のご紹介   詳細はこちら
2020年10月1日
「防爆エリア対応・可搬型桟橋情報表⽰装置」の販売開始について   詳細はこちら
船陸間通信システム  
Ship-to-Shore Link (SSL) Systems 
詳細はこちら

桟橋係留監視装置

LNG・LPG・原油等の桟橋に係留されるタンカーの安全荷役作業に必要な係留張力・気象海象・接岸速度等の情報を、荷役管理者や本船に提供し、監視を行う装置です。
情報監視には、屋内用のみならず、屋外設置型や携帯型、防爆対応型など、ご要望に合わせた各種端末をご用意しています。

製品詳細へ

自動係船装置  NEW

安全で効率的な離着岸作業のために、係留作業を機械で自動的に行う「自動係船装置」の導入・検討が各地で進められています。
弊社はオランダ・Mampaey社が開発した永久磁石を使用する画期的な自動離着桟・係留システムの導入検討に関する提案・設計・プロジェクト管理をご提供いたします。

詳細はこちら

海中対応型ロードセル  NEW

浮体式洋上風力発電設備の係留設備の運用や監視は極めて重要ですが、海中という特殊環境にあるためその手段が課題となっています。弊社は海中対応型ロードセルを用いた係留荷重測定器による荷重データの提供を通じて、安定運用と均等化発電原価(LCOE)の低減に貢献します。

詳細はこちら

Copyright © Marix Engineering K.K. All Rights Reserved.